姉と僕と出会い系。


姉と僕と出会い系。-2

「…そんなに見られたら脱げないよ」

「バレてた??笑 純一おっきんだね~♪」

「……放っといてくれよ。」

「照れちゃってぇ~……ビンビンじゃん♪じゃあ先に入ってるから」

あとから入るとお風呂はカラフルな照明で照らされていて、そこいるのはどう見ても自分の姉とは思えなかった。

「ほら、おいで♪」

もうほとんどパニック状態の僕は言われるまま湯船に浸かった。

意外に湯船は小さく2人がやっと入ってる感じだ。
姉ちゃんはこっちを向いてたが僕は恥ずかしくて背中を向けていた。

しばらくすると姉ちゃんが後ろから体を密着させてきた。そのまま僕の体に手を回し、さらに太ももで僕の腰のあたりを挟んできた。

かなりヤバい……

背中にはオッパイが密着してるし、どうにかなってしまいそうだったが何も出来ずにいると姉ちゃんは僕のおちん●んを優しく握ってシコシコしはじめた…。

「ね、姉ちゃんちょっとヤバいって!!……。」

「純ちゃん何がヤバいの~??笑」←このあたりから純ちゃんと呼ばれてる。

そう言いながら姉ちゃんの手の動きが少しずつ早くなっていった……

「……ハァハァ…ね、姉ちゃん。姉ちゃん!!」

惨劇は水の中で起きているので妙に静かで自分の吐息と姉ちゃんのエッチなささやきしか聞こえなかった…。

「…あッ!!!……姉ちゃん!!」

「あ~あ♪湯船の中に出しちゃダメだよ~♪」

僕はあまりの気持ちよさに全身が何回もビクッっとなって姉ちゃんに体を預けていた。

「ほら、上がるよ♪」

「うん。」

上がって湯船の中を見ると凄い量の精子が漂っていた。笑

お風呂から上がって姉ちゃんに体を拭いてもらうとそれだけでまたギンギンになった。

拭きおわるとベットの近くで急に抱き締められキスされた。
姉ちゃんの舌が僕の口の中に入ってきてクチュクチュと音を立ててかき回したり、僕の舌全体を凄い力で吸ってきたりした。

キスは経験あったけどディープは初めてでかなり興奮した。

背筋がゾクゾクして姉ちゃんに全身を犯されてるような気分だった。

そのまま僕はベットに押し倒され耳、首筋、乳首を中心に全身を姉ちゃんにチュパチュパされた。
小説に一票を入れる
投票を取消す
評価レビューをする
姉と僕と出会い系。の最初へ 姉と僕と出会い系。 1 姉と僕と出会い系。 3 姉と僕と出会い系。の最後へ

関連小説