花嫁


花嫁-3

<結婚式の会場に、一緒に下見に行って欲しい>
まゆからのメールにはそう書いてあった。

全く。女ってヤツは。
俺の気も知らないで、何でまゆと他の男が誓いのキスだかなんだかをする場所に
わざわざ足を運ばなきゃならないんだ。ったく。

そんな文句をたれつつ、浮いた気持ちで待ち合わせの場所に向かう。

遠目からでも、まゆの姿はスグ分かった。

「明ぁ、ここ~!」
笑顔で手をふる姿が、胸に痛かった。
「早いな。まだ待ち合わせ10分前だぞ」
「ふふ。汗かいてる」

そっと、白いハンカチで汗を拭ってくれる。
あわててかがむと、頬にキスをしてきた。
「・・・あのなぁ」
「何よ、今更。」
「誰かに見られてたら・・・・・」
「見られてたら?」
「・・・・なんでもねぇよ」
「ふふ。可愛い」

かなわないなぁ。

「ここからね、教会はスグなの。身内だけのこじんまりしたのにしようかなって」
「いいんじゃん?」
「彼もね、そういうのがいいって」

別に、分かってた。いつかこんな日が来ることは。
どんなに好きだって、一つにはなれない。
それが法律だから。道徳だから。

姉が好きなんじゃない。まゆが、好きなだけだとしても。

「う~ん。思ってたよりイイかな?」
「そうだな」
思っていたよりも教会は小さく、でも感じは良かった。
「あ・・奥のほうに小さなスペースがあるんだ」
「おい。姉貴転ぶぞ、走らなくても」

「明、来て来て!!」

教会の奥には確かに狭いスペースがあった。
白い箱ブランコが一台風にゆれていて、綺麗だった。

「ココで、ちょっとしたお茶会なんてどう?」
「いいんじゃん」
どうでも
「やる気ないなぁ」
まあね。
「そんなことはねーよ」
「もう・・・・」
どうでもいい。何でもいい。
相手が俺じゃないなら・・・いっそ・・・
小説に一票を入れる
投票を取消す
評価レビューをする
花嫁の最初へ 花嫁 2 花嫁 4 花嫁の最後へ

関連小説