花嫁


花嫁-9

泣かないで、強く生きて欲しい。

本当は俺のモノにしたかったけど

まゆには笑って欲しいから

たった一人の姉、世界でただ一人の俺の姉。

君の幸せを切に願う

君を愛するひとりの男として

それでも今はきっと結婚式には出れないだろうけど

式当日には、綺麗なユリの花を君に贈るから

暫くはお別れだね、まゆ

そして、まゆは花嫁として俺のもとを去った。

月日は流れ

俺はいまでは会社の営業マンとして働いている。
まゆもちゃんと嫁ぎ先で巧くやっているらしい。

まぁ、結果論でみれば俺は決して幸せには見えないかも知れないけど
俺は満足している。

姉とは、あの夜きり逢っては無いけども、メールがよく届く。
昔の様な熱情は、今はもう無い
あの頃よりも素直に姉の幸せを願っている自分がいる。

これでやっと終わる恋

ありがとう、幸せな日々を俺にくれて

いつの日か、笑う君にもう一度逢いたい

***END***

関連小説